丸の内でインプラント治療! 忙しい人のための歯科クリニックガイド » インプラント治療に関する基礎知識 » インプラントの治療期間

インプラントの治療期間

歯を失った場合の従来型の治療法である入れ歯やブリッジ治療と異なり、インプラント治療は歯を失った部分に人工の歯根を埋め込み歯を補う治療を実施します。インプラント治療は外科治療を伴うことから、通常の治療と比べて治療期間が長くなる特徴があります。インプラント治療にかかる期間はどのくらいなのでしょうか。ここではインプラント治療における全体の流れや実施する手術について解説します。

インプラント手術の流れとかかる期間

ここでは、インプラント手術の流れや治療にかかる期間について紹介します。

事前検査

インプラント治療を行う場合は、まずは検査を行います。歯科用のCTスキャンを用いて神経や血管の場所、骨の厚さや状態など細部まで撮影して確認します。また歯周病検査や、必要であれば虫歯検査を行います。

治療計画

検査結果をもとに、これから始める治療の計画を立てます。担当の歯科医が患者とカウンセリングを行い、体調などを考えながら、肉体的・精神的な負担がかからないように治療計画を作成します。

手術

インプラントの埋め込み手術を行います。治療部位を部分麻酔して歯茎を切開し、インプラント体を埋め込む穴を形成します。インプラント体を埋め込んだら、インプラント上部にキャップを取り付けて歯肉でかぶせます。治療した箇所にインプラント体がきちんと埋め込まれているのか確認し、その後は上部の人工歯を作成して装着します。

このようにインプラントの手術は通常は2回に分けて行いますが、場合によっては1回の手術のみ行う場合もあります。詳細は後述します。 <術後メンテナンス> 手術後は歯科用のCTスキャンやレントゲン写真を撮り口腔内全体を確認します。半年に一度は定期検診を受けて、インプラントや人工歯の装着具体、噛み合わせを確認します。

1回法と2回法

インプラントの手術は、歯茎を切開しインプラントを埋めた後一旦歯肉で覆い、骨とインプラントが結合した後に改めて手術を行い人工歯を装着する2回法と、インプラント埋入と同時に人工歯を装着すする1回法があります。原則手術は2回法が実施されますが、特段心配がなければ1回法が実施されるケースもあります。

PICK UP
忙しい中でもインプラント治療を受けやすい!
丸の内のクリニック紹介

※インプラント治療の費用と期間

インプラント治療にかかる平均的な費用は、1本当たり30万円~40万円、治療期間は平均7ヶ月~13ヶ月ほどといわれています。費用・期間ともに、個人の口腔内の状態や、クリニックの方針によって変わってくるので、詳しく知りたい方はクリニックへのお問い合わせをおすすめします。

※副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や、金属部品による金属アレルギーなどが考えられます。 また、持病をお持ちの方は、インプラント治療が原因で合併症などを惹き起こす可能性もあります。不安や懸念点など、詳しい情報はクリニックへ直接ご相談ください。