丸の内でインプラント治療! 忙しい人のための歯科クリニックガイド » インプラント治療に関する基礎知識 » インプラント治療のリスク

インプラント治療のリスク

失った歯の治療として注目を集めているインプラント治療は、これまでのブリッジや差し歯の弱点を補い安定した人口歯を埋め込む治療法として注目が集まっています。顎の骨とインプラントをしっかりと結合することで強く噛むことができ、虫歯にもならないメリットがあります。

しかしインプラント治療はいくつかのリスクがあるので注意が必要です。インプラント治療におけるリスクとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでインプラント治療のリスクや治療することで発生する可能性のある副作用について紹介します。

インプラント治療のリスク

ここではインプラント治療のリスクをいくつか紹介します。

手術のリスク

インプラント治療は外科手術を行うことから、患者が受ける精神的・肉体的な苦痛は通常の歯科治療より大きくなります。万が一血管を傷つけてしまうと大量の出血を伴い、神経が傷つきしびれや麻痺が残ることも考えられます。

治療費のリスク

一般的にインプラントの治療は1本あたり30〜40万円と言われています。自由診療対象の治療なので歯科医によってはさらに高額なり治療費を請求される場合もあるので注意が必要です。

治療期間のリスク

一般的にインプラント治療は、入れ歯やブリッジ治療よりも治療期間が長くなります。事前の診断から骨の定着、人口歯の装着まで3〜10カ月ほどかかります。

インプラント治療の副作用

インプラント治療は外科治療として歯茎をメスで切開するので、手術の後は痛みや腫れ、出血を伴うといった副作用が考えられます。しかし治療にあたり通常は麻酔を利用するので痛みを伴うことはほとんどありません。歯医者によっては無痛治療を行なっているところもあります。

さらに、治療した後も痛み止めの薬や抗生物質を処方されることから、副作用を心配する必要はないと言えるでしょう。 手術後に何らかのアレルギーが発生すると心配する方がいるかもしれませんが、インプラントはチタンでできていることから、アレルギーは発生しにくいといえます。

インプラント治療により心配される副作用ですが、実際は副作用は少ないのです。

PICK UP
忙しい中でもインプラント治療を受けやすい!
丸の内のクリニック紹介

※インプラント治療の費用と期間

インプラント治療にかかる平均的な費用は、1本当たり30万円~40万円、治療期間は平均7ヶ月~13ヶ月ほどといわれています。費用・期間ともに、個人の口腔内の状態や、クリニックの方針によって変わってくるので、詳しく知りたい方はクリニックへのお問い合わせをおすすめします。

※副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や、金属部品による金属アレルギーなどが考えられます。 また、持病をお持ちの方は、インプラント治療が原因で合併症などを惹き起こす可能性もあります。不安や懸念点など、詳しい情報はクリニックへ直接ご相談ください。