丸の内でインプラント治療! 忙しい人のための歯科クリニックガイド » インプラント治療に関する基礎知識 » インプラントメーカーの選び方

インプラントメーカーの選び方

インプラント治療をする際、顎の骨にインプラントを埋め込みます。基本的に歯肉を切開する手術を行うため神経や血管を傷つける可能性があります。

リスクが派生する治療であるからこそ、信頼できるインプラントメーカーのインプラントを選ぶことが大切です。

では、インプラントには具体的にどのようなメーカーがあるのでしょうか。インプラントメーカーの種類やその特徴、メーカー選びのポイントなどを解説します。

インプラントメーカーの種類

世界中にインプラントメーカーは100以上存在します。しかし全てのインプラントメーカーが信頼できるわけではなく、ある程度歴史と実績があるインプラントメーカーをおすすめします。ここでは代表的なインプラントメーカーを4つ紹介します。

  • ストローマン
    スイスに本社を置くインプラントメーカーのリーダーと言える企業です。
  • ノーベルバイオケア
    スイスに本社を置き、60年以上にわたるインプラント業界の経験がある企業です。
  • ジンマーバイオメット
    アメリカ・インディアナ州に本社を持ち、世界最高水準のカスタマーサービスを提供しています。
  • アストラテック
    スウェーデンの世界的医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ会社です。

メーカーにこだわる必要はある?

インプラントは劣化の可能性が低いチタンでできていることから、治療を行う歯科医の技術さえあればどのインプラントメーカーでも大差ないと思われている傾向がありました。

しかし実際は、一度治療した後10年20年と時間が経つにつれて、インプラントメーカーによって結果に差が生まれます。評価の高いメーカーは歯周病になりにくい傾向があり、インプラントが頑丈であることから破損しにくい特徴があるのです。

インプラント治療をする際は、できるだけ評価が高く実績のあるメーカーにこだわることが大切です。実際に治療する前に、どのメーカーを採用してるのか歯科医に確認するのも効果的と言えるでしょう。

PICK UP
忙しい中でもインプラント治療を受けやすい!
丸の内のクリニック紹介

※インプラント治療の費用と期間

インプラント治療にかかる平均的な費用は、1本当たり30万円~40万円、治療期間は平均7ヶ月~13ヶ月ほどといわれています。費用・期間ともに、個人の口腔内の状態や、クリニックの方針によって変わってくるので、詳しく知りたい方はクリニックへのお問い合わせをおすすめします。

※副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や、金属部品による金属アレルギーなどが考えられます。 また、持病をお持ちの方は、インプラント治療が原因で合併症などを惹き起こす可能性もあります。不安や懸念点など、詳しい情報はクリニックへ直接ご相談ください。