丸の内でインプラント治療! 忙しい人のための歯科クリニックガイド » 忙しい人のためのインプラント歯科選び方講座 » メスを使わない治療がある歯医者を選ぶ

メスを使わない治療がある歯医者を選ぶ

インプラント治療を行う際、メスを使って歯茎を切開することに抵抗があり、インプラント自体に興味があってもなかなか治療に踏み出せない方も少なくないでしょう。

しかしインプラント治療はメスを使わず治療を進めることも可能です。メスを使わないインプラント治療にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、メスを使わないでインプラント治療を行う具体的なメリットを紹介します。

メスを使わない治療があるメリット

メスを使わないインプラント治療を行う最大のメリットは、治療期間の短縮と、治療後の痛みを減らせることです。インプラントを埋入するための必要最小限の穴を開けて治療を行うので、メスで歯茎を大きく切開する必要がありません。痛みや腫れをほとんど起こさずに治療を受けられるメリットがあります。

さらに歯茎の切開を省略することで縫合する必要がなく、手術にかかる時間や、治療後の治癒を短くできるメリットもあります。

ビジネスマンにとってのメリット

メスを使わないインプラント治療を行えば腫れや出血がほとんどなく、術後の痛みも最小限に抑えられるので、ビジネスマンは仕事に集中できるメリットがあります。

さらにメスを使わない治療を行うことで、治療にかかる期間を短縮でき、仕事の時間を確保できるメリットもあります。メスを使わない治療により、日々忙しく仕事に取り組んでいるビジネスマンでも仕事と治療をうまく両立して進めることができるでしょう。

インプラントに関するメリット

インプラント治療は歯茎を大きく切開して手術するイメージがあることから、多くの方が心理的な不安を感じ敬遠する傾向があります。そんな中で、メスを使わない治療方法を採用している歯医者であれば、精神的な負担や時間的普段を軽減しつつ、治療に集中できることから、さまざまなメリットがあるでしょう。

インプラント治療に興味があっても、痛みが苦手だったり、できる限り早く治ってほしい方、メスを使う手術が怖いと感じている方の心理的な不安を軽減し、治療を受けられる方法と言えます。

監修医師紹介

鈴木丈夫 医師

鈴木丈夫
  • 歯科医/歯学博士
  • たけお歯科 院長http://www.takeo-dental.com/index
  • 経歴 2003年 日本大学松戸歯学部卒業
    2003年5月−2005年9月 ヒロ・ヤマダデンタルオフィス青山/ヒロ・ヤマダデンタルクリニック川崎勤務
    2005年9月−2009年3月 アメリカ留学 カルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)
    2009年4月− ヒロ・ヤマダデンタルオフィス青山/ヒロ・ヤマダデンタルクリニック川崎勤務
    2013年11月 たけお歯科 開業

所属学会
アメリカインプラント学会 (AO) 会員/ヨーロッパインプラント学会 (EAO) 会員/インターナショナル歯科研究学会 (IADR) 会員/口腔先端応用医科学研究会 (AAASOM) 正会員/UCLA インプラントアソシエーション理事/Club22正会員/MNK study group会員/Westwood Dental Study Club / 西森組(仮)会員/日本口腔インプラント学会会員/日本補綴学会会員/日本歯科ヘルスケア学会会員/国際歯周内科学研究会会員/日本医学交流協会副会長

プロフィール:
患者さんにいつまでもおいしくお食事ができ、楽しい会話ができ、さわやかな笑顔を作り続けられる質の高い生活を送っていただくために、予防を中心とした歯を失いにくいお口の環境作りのお手伝いをします。
アメリカカルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA) における留学、日本におけるさまざまな研修で培った知識、技術、今後のさらなる研修を生かし、1 人1 人の患者さんに対して、ご要望に合わせた根拠に基づいた高度医療による治療、そしてそれを維持する予防プログラムのご提案をします。
しっかりとしたカウンセリングで数種類の治療計画から満足する治療法を選択していただき、治療、予防を実施します。

監修医からのコメント

メスを使わない手術にはメリットが大きいですが、デメリットも考えておく必要があります。CT画像と実際に歯肉を開いて目で見た骨は異なることがあります。サージカルガイドを口腔内に装着して手術を行う場合も多少のズレが起こる可能性があります。そこでズレが起こっても問題にならないケースに限定して、リスクの高いケースに関しては歯肉を開いて直接目で見て手術を行った方が成功する可能性が高まると考えられます。歯科医師とよく相談されて手術方法を選択されることをお勧めします。

※本記事の医師監修に関して、学術部分のみの監修となり、医師が具体的なクリニックや施術や商品等を推奨しているものではございません。

切らない
治療
本体の
保証期間
インプラント
メーカー

PCP丸の内
デンタルクリニック

公式HPで
治療をチェック

電話で
問い合わせる

10 3

3i
ブローネマルク
ストローマン

5 1

ストローマン

記載なし 記載なし 1

GC社製
インプラント

東京日本橋
インプラント
センター

公式HPで
治療をチェック

電話で
問い合わせる

10 記載なし

※掲載されている情報は各クリニックの公式HPに記載されているものであり、症状や患者さんの状況により、適用される内容が変動する場合があります。詳しくは直接医師にご確認ください。

※インプラントの保証を受けるためには、決められたメンテナンスなどが実施されている必要があります。詳しくはクリニックにお問い合わせください。

PICK UP
忙しい中でもインプラント治療を受けやすい!
丸の内のクリニック紹介

※インプラント治療の費用と期間

インプラント治療にかかる平均的な費用は、1本当たり30万円~40万円、治療期間は平均7ヶ月~13ヶ月ほどといわれています。費用・期間ともに、個人の口腔内の状態や、クリニックの方針によって変わってくるので、詳しく知りたい方はクリニックへのお問い合わせをおすすめします。

※副作用について

インプラント治療のリスクとして、インプラント周囲炎や、金属部品による金属アレルギーなどが考えられます。 また、持病をお持ちの方は、インプラント治療が原因で合併症などを惹き起こす可能性もあります。不安や懸念点など、詳しい情報はクリニックへ直接ご相談ください。